へアカラーは良くない

AGAになる原因としてヘアカラーにある場合がありますので、出来るだけしないのが良いです。
このヘアカラーはできれば使用しないのが良いですが、もしもしないといけない理由があるならよく考えて使用するようにしてください。特に頭皮に強いダメージを出すようなものは避けるようにしましょう。

髪の毛の色を変えるヘアカラーですが、これがかなり頭皮にダメージを与えます。
ですから、単純にかっこ良くしたいや可愛くしたいだけでヘアカラーを使うことはあまりおすすめしません。特に若い頃から沢山使っているとそれだけ頭皮にダメージを出してAGAになりやすくなります。
これは男性に限ったことではありません。女性も同じくダメージを与えることになりますので将来薄毛に困りたくないなら使わないのが得策でしょう。
また、ヘアカラーには白髪を染めるものもありますが、これも商品によっては強いダメージになることがありますので注意です。故に、よく考えて使用するようにしてください。

このようにヘアカラーはAGAになりやすくなります。ですから、出来る限り使用しないのが良いでしょう。
特にAGAで悩んでいる人はこれが原因でなっていることがありますので、髪の毛を残したいなら極力使用は避けましょう。